ロコモ対策にNEWおすすめ

 

いつまでも元気に過ごしたい。だけど力ラダがついていけない。

 

最近、自宅や外出のときに階段の手すりを持つことが増えてきた。

 

孫と公園に行くのが辛くなってきた。

 

 

お悩みの原因のひとつには、ふしぶしの健康が関係しているかもしれません。

 

 

 

 

そんなロコモの悩みに特化した商品が「ロコモエース」です。

 

ロコモエースは、鮭の鼻軟骨から抽出された「プロテオグリカン」にいち早く着目しました。

 

「プロテオグリカン」は、軟骨そのものを構成している主成分で、期待の新素材として研究が進められています。

 

軟骨の材料となる「グルコサミン」 や「コンドロイチン」とは違って、からだの隅々まで素早く届けることができるのが特徴です。

 

ところが、「プロテオグリカン」は年齢とともに減少しがちで、体内でも作られにくくなってしまうため、食生活などから補っていくことが大切です。

 

『ロコモエース』は、これまでの健康食品ではご満足されなかった方にも、安心して継続して使用できる健康食品です。

 

健康づくりの一環として、試してみるのも良いかもしれないですね。

 

>>ロコモ対策「ロコモエース」の公式サイトで詳細を見る

 

 

ロコモーティブ症候群とは

 

 

ロコモティブ症候群(ロコモティブしょうこうぐん、locomotive syndrome)とは、運動器の障害や、衰え(関節可動域制限やサルコペニア等の筋力低下など加齢や生活習慣が原因といわれる)によって、歩行困難など要介護になるリスクが高まる状態のことをいいます。

 

一言で言えば、運動器機能不全のことです。日本整形外科学会が2007年に提唱した呼称(和製英語とされる)で、予防啓発を行っています。

 

ロコモと略されたり、ロコモティブシンドローム、ロコモーティブシンドローム、ロコモーティブ症候群、運動器症候群などと呼ばれることもあります。

 

>>ロコモ対策「ロコモエース」の公式サイトで詳細を見る